知らないと損をする!不動産を賢く選ぶ方法とは?

不動産を選ぶ際には、物件だけでなく土地条件も確認しよう!

住まい選びのポイント

住まいを選ぶ際には、「賃貸」「購入」どちらにするか悩む方が多くいると思います。しかしトータルで考えると、賃貸も購入も費用の差は殆どありません。そんな2つを比較してみましょう。

賃貸と購入どちらがいいの?

賃貸

賃貸の大きなメリットはまとまった初期費用が要らないことです。また、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるのでオススメです。

購入

不動産を購入することによって、資産を残すことができます。また、持ち家になるので、リフォームをしたり手を加えることができるので自分が好きなインテリアにすることができます。

知らないと損をする!不動産を賢く選ぶ方法とは?

男女

物件の条件の確認

ひばりヶ丘で中古物件などを購入する際には、不動産情報の確認が最も大切です。間取りはもちろん、外観の状態や風通しなど細かいチェックをすることが大切です。またマンションの場合には、共同スペースの清潔度なども確認しましょう。

住宅

立地条件をチェック

物件の条件を見ることも大切ですが、周辺の環境などの確認も大切になります。家族連れの方は学校や公園、お店などが徒歩圏内にあるのかをチェックしましょう。確認をする際には、自ら足を運んで調べることが大切です。

インテリア

安全な土地を選ぼう!

最近は地震や津波といった災害が多いので、安全な土地を選ぶことが大切です。また、土地だけではなく耐震性のある志木の不動産を選ぶことも大切です。いざという時の為に避難経路や避難場所を確認することもオススメします。

事故物件には注意!

事件や事故があった場合には、「事故物件」として買主に知らせる義務がありますが、一時的に誰かが住んでしまうことで、事故物件ではなくなります。しかし、そういった物件は費用が安かったりするので気になることがあれば確認しましょう。