家を売ろう!理想の不動産に住み替える方法

不動産を買い換える際にはタイミングが大切!

不動産売却を有効に利用しよう!

不動産を売った費用を利用することで、住宅ローンの返済をしたり、新しい不動産を購入する時の足しにすることができます。なので不動産を売る際には、「売り先行」「買い先行」どちらにするか考えておきましょう。

不動産売却に必要な書類

  • 身分証明書
  • 住民票
  • 実印・印鑑証明書
  • 登記済権利書
  • 国定資産税納税通知書
  • 土地測量図
  • 建築確認済証

家を売ろう!理想の不動産に住み替える方法

女性

不動産を先に売る

売り先行は自分の家が売れてから買い換える家を決めるので、「売れなかったらどうしよう」という心配をせずに済みます。また、新居購入の際の予算組みもしやすくなるのでオススメです。しかし、契約が成立しても残代金を受け取るまで契約解除される恐れがあるので気を付けましょう。

室内

新しい不動産を先に買う

不動産を購入した上で、川口市で不動産売却をする方法を買い先行といいます。買い先行をすることでじっくり物件選びをすることができ、購入のタイミングを逃す心配もありません。しかし、購入物件の決済までに売れなければ二重にローンを払う必要があるので注意です。

住宅模型

売りと買いを同時進行する

不動産を売りだすと同時に新しい江戸川区で不動産を探し始める方法です。売りと買いを同時進行することによって、最もスムーズに取引を進めることができます。しかし、負担が大きくなってしまうので気を付けましょう。

つみき

不動産を売りやすいのは買い先行

中古物件は空家の方が家を隅々までチェックすることができるので、買い手からすると大きなメリットです。また、クリーニングをしたり補修なども行うことができるので、買い手に好印象を与えることができます。そのため、不動産を売る際には買い先行の方がよいといえます。

焦らずに理想の新居を選ぶ

不動産購入には多額の費用や手間が掛かってしまいます。そのため、後悔しない物件を選ぶことが大切です。また、売り先行・買い先行・同時どちらの場合でもしっかり資金繰りをしておきましょう。